FC2ブログ

スクーター駆動系オーバーホール  

TITLE: スクーター駆動系オーバーホール  
DATE: 2010/08/01 12:00:23 AM
-----
BODY:
まずはコチラでスクーターの駆動系の仕組みをおさらいして下さい。





『最近、走りが鈍くなってきた』と感じるアナタ!!

走行距離2万キロ近くなったらベルトとウエイトローラーを交換しましょう。



ベルトは長年使用しているとヒビが入ったり痩せてきたり

しまいにはぷっつりと切れてしまいます。



↑ベルトが切れてしまうとエンジンはかかってもバイクは一歩も進みません!!







↑ドライブフェイス(プーリーフェイス)の奥にはプーリーという部屋があって



その中には遠心力で転がって無段階に変速するための

↓『ウエイトローラー』というまん丸のオモリが入っています。

↓スムーズに変速をするために、これも一緒に交換しましょう!

↑まん丸じゃなくなってうまく変速ができなくなってしまったウエイトローラーです。

微妙に“アタリ”がついて真円じゃないのわかりますか?















       ウエイトローラーが転がって無段階に変速する様子。↑↑↑















↑こちらはドリブン側の部品、クラッチシューです。



やはり遠心力で開き、クラッチアウターに密着し動力を後輪に伝えます。

この小さなスプリングが折損すると、クラッチがつながったままになり

信号待ちでもバイクは勝手に前に進もうとします。



↑㊧新品 ㊨古

クラッチシューも長年使うと石の部分が焼けてしまったり

すり減ってしまったり。。。

クラッチが滑るとうまく動力が伝わりませんよね。



動画でこのようすがよく解るものはコチラ。













↓で、コチラはなんと12万キロ超のアドレスV125、クラッチの修理です。

マメにオイル交換にいらして下さるのでエンジンはイタッテ快調ですが、、、


定期的に駆動系のベルト交換はしてもらってますが

今回はとうとうドリブン側の(クラッチシューの付いた)部品にガタが来て

その辺の関連部品一式に悪影響を及ぼしてしまいました。



(お客様は発進時にバタバタするなあと感じていたそうです)



先日、出先でベルトが切れたので修理をしてもらったばかりというこの車両、

おかげで新品のベルトにもひびが入っていて交換です。

約50000円也の修理でした











さて、皆さんも、いつもと違う音(異音)がしたり違和感を感じたら、

早めにバイク屋さんで点検してもらいましょう!!!

そのまま乗り続けると、他の部品まで傷めてしまい

高額な修理になってしまいますよ!!!!!













★ベルクラフHPもご覧ください!

http://www.bellclub.jp/










comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2021/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

べるまま

Author:べるまま
兵庫県川西市のバイク屋です。1992年創業。
店長とママと2人で始めたはずなのにいつの間にか子供が3人。孫が6人。わんこが2匹に常連さんが多数~。毎日大人数でバタバタ過ごしております!!
http://www.bellclub.jp/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR